群発頭痛 治療

群発頭痛の治療

群発頭痛は予防できるに越したことはないのですが、起きてしまっては仕方ありません。適切に治療し、いち早く激痛から開放されたいものですね。

 

原因がはっきりと解明されていない群発頭痛ですので、自己判断をせずに病院を受診しましょう。

 

治療法には「薬物療法」と「純酸素吸入法」の2つがあります。それぞれについて紹介します。

 

薬物療法

これは内服薬あるいは注射することで症状を抑える方法です。群発頭痛は激痛ですので、通常の鎮痛剤や痛み止めでは意味をなさないので、専用の薬を医師から処方してもらいます。
内服薬は効くまでに時間がかかるため、最も有効的なのは注射です。群発頭痛は毎日決まった時間に痛むので、家庭で自身で注射しなければなりません。ただし頻繁に注射はできないので点鼻薬等を一緒に処方されることもあります。

 

純酸素吸入法

これは酸素を酸素マスクから取り入れる方法です。毎分7リットルを約15分吸入し続けます。

 

即効性があり、数分で痛みを抑えられます。酸素マスクを借りることもでき、家庭で行えますが、薬物療法と比較すると高価になってしまいます。ただしレンタルは簡単にできます。

 

群発頭痛は誰しもが同じくらいの痛みを感じているわけではないので、痛みが弱い場合は薬物療法、激痛を伴う場合は純酸素吸入法を選ぶのが良いでしょう。ただし基本は医師の指示に従いましょう。

 

ちなみに、中には群発頭痛を知らない医師もいるため、そんなときはすぐさま別の医師を探しましょう。

↑ PAGE TOP